☆★メタルフラッターの使い方★☆~フォールアクションの有効性及び開発経緯~



【メタルフラッターの最大の特徴であるフォールアクションについて】

メタルフラッターはいわゆるセンターバランスタイプのジグなのですが、厳密には下記のような重量配分が施されています。

■30g限りなくフロントヘビー寄りのセンターバランス
■40g限りなくセンター寄りのリヤバランス

フォールでは水平姿勢で沈んで行くのですが、その際、*図1の様な沈み方をします。ただ少しだけ注意が必要なのは”フリーフォール”である事が大切です。

ですが、操作自体に難しい事はなく、ここぞの「沈める・落とすといったタイミングでロッドティップを少し送り込むようにすればOK」です。

*図1【メタルフラッター・フォーリング時の特徴】
サーフのフラットフィッシュゲームを愛好される方ならお馴染みの、「ボトムに定位し、獲物を待ち構えるフラットフィッシュを釣る為には、目前(上方)にルアーを通過させる」定説がありますが、”落ちてくるモノ”も同義と考えられます。
従いまして「0.1秒でも0.2秒でもより長く見せられる水平フォール」で飛びつくチャンスを助長し、「激しいフラッシングの輝き」で”傷つき・弱り・痙攣しながら落ちてくる瀕死のベイトを演出”出来る事は、相手の興味を惹きつける有効な力となります。

*図2 ただ巻














ただ巻きでは、*図2の様な変則ウォブリングで泳いできます。遠浅サーフ・沖の瀬絡み・足元付近などはリトリーブオンリーで状況を探るの事も可能です。
先のフォーリングに関しても、水深1mあれば十分にフラッシングフォールによるアピールが可能ですので、都度の状況に対し、ストップ&ゴー・リフト&フォールの操作や、フォールタイミング・沈下時間も任意に調整すれば、水深・根や海草の有無にあわせて、バリエーションに富んだアプローチが可能となります。(但し根や海草帯でのジグは注意が必要です)

【重量の使い分け】
■ウネリや潮流によってボトムが把握しにくい場合
■表面積の違いによるフラッシングアピール強度UP
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【開発の経緯】
以前、サーフのヒラメ釣りに傾倒していた時期、(数えてビックリもう15年前…汗)仲間達と共に毎週毎週通いつめては、相当数のヒラメを釣り上げたのですが、中でも特に印象的だったのはメタルジグで得た数々の釣果でした。

金属ルアー固有の特徴として一番と思える遠投性はもとより、高い比重故の潮流や水深への対応力や極端なアクションによるアピール力と、当時よりも遥か以前からサーフのヒラメ釣りには重要な存在として定番であったのにも納得でした。

そんな「印象的であったメタルジグの釣果」ですが、それは「使い方・釣り方」つまり「ただ巻きで釣れる場合と動かして釣れる場合」と、ハッキリ分かれたという事に驚かさされたのでした。
日によっては、巻くだけの方がヤケにサイズが良かったり、フォール中心だとソゲばっかりなんて事もありましたが、メタルフラッターの製作には、そんな経験が元になっています。