Posts

□■2020年新製品 Vibra Mulle 60s■□【バイブラマレット60S 特徴紹介】

2020年初夏頃には発売予定となりました、PDG新作【バイブラマレット60S】のご紹介となります。
 SNS等では以前より紹介させていただいてますが、ハードベイトとしては珍しいタイプの、ボディもテールもフルABS製でありながら、ソフトベイトではお馴染みのシャッドテール形状パーツを装備したジョイントプラグの登場となります。
 もう一つ珍しいと思えるのは、そのジョイントされたテールをご覧いただければ、説明不要と思えてしまうほど、ルアーの泳ぐ姿も簡単に想像できてしまう所かもしれません。

【泳ぎと操作】  泳ぎの質としては、リーリングにより、ボディを小刻みにロールさせると同時にテールをブルブルと震わせながら健気に泳ぎます。  その姿はまるでボラの幼魚に酷似しており、”ウォブリング”とか”ローリング”とかと、とても形容し難く、プラグらしからぬ独特な生命感を持つに至り、”無防備に泳ぐベイトフィッシュ”といった表現がピッタリとハマります。  基本的な操作はスローリトリーブオンリーとなりますが、シンキングタイプならではの特徴として、任意のカウントダウン&レンジコントロールを始め、沈み行く際には下図の様にテールをバイブレーションさせながらフォールしますので、リフト&フォール中もシッカリと誘いの要素を与えてくれます。


【リトリーブスピードについて】  どちらかといえばスロー向きで、弱弱しく一生懸命に泳ぐ幼魚をイメージしたセッティングのため、ファストリトリーブはあまり実用的ではありません。  また少し重めのシンキングボディと、スプリットリングを介したジョイントの構造上、超のつくデッドスローリトリーブにも向いていません。  ですが、それは止水状態での見解ですので、基本的に流れを釣るシーバスゲームの場合、あまり神経質になる必要はありませんでした。  改良中、予想外に苦労したのは、テールのサイズと本体重量バランスの愛称でしたが、結構な数の組み合わせから絞りだし最適化しましたので、あまりデッドスローを意識せずとも、スローリトリーブを中心に引き加減を調整してあげれば、その持ち味を存分に発揮してくれるはずです。
【スペックについて】 <サイズ>上の画像の様に、テールを含めた全長であれば約80mmとなりますが、表記を本体のみの60mmとしたのには、スペック意外の特徴を考慮した為です。  例として、図の赤…

☆★2019NEW METAL FLUTTER /メタルフラッター【カラーチャート】★☆

☆★メタルフラッターの使い方★☆~フォールアクションの有効性及び開発経緯~

☆★2019新製品★☆【最大の特徴はフォールにアリ】☆★メタルフラッター★☆

■□2019新製品□■ PDG初のメタルジグ/METAL FLUTTER/メタルフラッター【釣果紹介】